自分の顔の特徴をよく観察することによって、自分に合った化粧品や化粧方法を知ることができます。

美しさを強調する世の中

美しさを強調する世の中

顔をよく観察する

では、化粧品を買う前にまず鏡の前に立って、自分の顔をよく観察してみましょう。
そして自分の顔の長所と短所を分析してみましょう。
まぶたは二重で目は割とぱっちりとしているでしょうか、あるいは一重でほっそりした目でしょうか。
肌は適度につやがありますか、それとも乾燥してかさかさしていますか。
皮膚の色は白い方ですか、それとも黄色っぽいでしょうか。
人によっては、お化粧をする必要がほとんど、まったくないほど素顔がきれいな人もいます。
しかし、肌が多少脂っぽくて、ニキビができやすい人もいます。
あるいは、ほお骨が出ていたり、鼻筋が通っていたり、唇がぽっちゃりしていたりと何か目立たせたいと思うような顔の特徴を持っている人もいます。
化粧品を上手に使うことによって、効果があるかもしれません。
目を大きく見せる効果を出すためには、アイシャドーやアイライナーペンシル、リキッドタイプのアイライナーなどのアイテムがあります。
顔のシミを隠すためには、クリームタイプやローションタイプのファンデーションが効果的です。
チークを使えば、ほお骨を目立たせることができます。
どの化粧品を選べばよいか、どのように使ったらいいかアドバイスが欲しい場合は、評判の良い店に行って、そこの美容部員に尋ねるとよいでしょう。
自分の肌の色に一番よく合う色や、一番よく似合う化粧の方法についてアドバイスしてもらうことができます。
しかし、美容部員の仕事は製品を売ることなので、実際には必要でないものを買うことにならないように気を付けましょう。

Copyright (C)2017美しさを強調する世の中.All rights reserved.